校長挨拶

言葉はパスポート

校長挨拶

通信手段や輸送手段の格段の向上に伴い、今や地球上を移動することに昔ほどの困難さはなくなりました。何年後にはニューヨーク日帰り出張なんてことも夢ではないような気がします。このような技術革新の波に乗り、私たちは今まで遠かった外国が日常の生活の一部として考えることが容易になってきました。旅行しかり、ビジネスしかり、そして留学しかりです。しかし旅行は別にしても、ビジネスや勉学となるとその目標を達成するためには外国語の習熟度がものをいい、そのために皆さんは多くの費用と時間を使い、一生懸命日本語を勉強するのです。

これから皆さんは母国から国境を越え、異文化・異言語の真只中に入ります。日本に入国するために空港で旅券を入国審査官に提示し、入国を許可されます。それは「日本語を勉強する」という目的において許可されるのです。皆さんが勉強しようとする日本語は「第二のパスポート」と言っていいと思います。皆さんが日本語を勉強した後、大学や専門学校への進学、そして日本企業への就職などを計画するとき、常に「日本語能力」というパスポート」の提示を求められ、それを提示できなければ、日本での自分の将来を明るく築く希望は叶えられません。

国と国との時間的距離が短くなればなるほど商業的な活動は更に盛んになり、皆さんが活躍できるフィールドはこれに応じて更に拡がっていきます。ここに皆さんが日本語を勉強する上での目標や機会(チャンス)が生まれてくるのです。私たちの学校の目標である、「明るく未来を築く」はこのような目標や機会に対して若者らしく明るく挑戦して欲しいとの願いから創られたのです。

皆さんが将来に向けて「言葉」というパスポートを得て更なるご活躍をされることを心から念じてやみません。そして近い将来、ぜひ皆さんの明るい笑顔に出会えることを、ここ東京で楽しみにお待ち申しております。


東進ランゲージスクール

学校長

TS日本语学校为了培养国际化的优秀人才会一直和大家一起做出努力。